乳酸菌を摂取すると便秘が改善するメカニズム

腸内細菌の様子
 地球上には、無数の細菌が存在しています。科学文明を高いレベルにまで引き上げた現代でさえ、人類が発見した細菌は1%以下であるとする説もあります。それだけ多くの細菌が存在しています。

 

 細菌は、地球上のいたるところに生息しています。空気中や地中はもとより、生物の体表や体内にも生息しています。もちろん、人間の腸内にも。人間の腸内で生息する細菌のことを腸内細菌と言います。人間の腸内には100種類以上の細菌が住んでおり、その数は100兆個にも上るといわれます。

 

 腸内細菌の内訳は、善玉菌が10%、悪玉菌が10%、日和見菌が80%であるといいます。善玉菌は腸内を酸性にして有害な菌を攻撃し、免疫力を高めてくれる良い菌です。一方悪玉菌とは、発がん性物質などの毒素を作ったり、腸内を腐敗させたりして体の抵抗力を弱める菌です。日和見菌とは、腸内環境によって善玉にも悪玉にもなる菌のことです。

 

乳酸菌を摂取すると便秘が改善するわけ
 簡単に言えば、悪玉菌が多ければ腸内はアルカリ性になって腐敗物がたまりやすくなり、便秘になることもあります。逆に、善玉菌が多ければ腸内環境は綺麗になって便秘になることもありません。日和見菌は、善玉菌の方が多いときには善玉菌となり、悪玉菌の方が多いときには悪玉菌となります。

 

 このことから、便秘を改善するためには善玉菌を増やして日和見菌も味方につけ、悪玉菌を減らして腸内環境をよくする必要があります。そこで有効な手段が乳酸菌を摂取することなのです。食品から乳酸菌を摂取した場合、ほとんどの乳酸菌は胃液や消化酵素の働きによって死滅してしまいますが、それでもいくらかは腸に生きたまま届き、善玉菌に加勢するのです。また、死んだ乳酸菌も善玉菌のえさになったり、悪玉菌の死骸にくっついて体外へ排出したりする働きがあります。

 

 このような働きがあるからこそ、乳酸菌を摂取すると便秘が改善するのです。