乳酸菌でむくみを改善する

便秘がむくみの原因になる!

 

 下半身のむくみに悩んでいる人は多いかと思います。むくみが起こると足が太くなってしまうものですから、美容を気に掛ける女性の大敵と言えます。また、女性は体質的に男性よりもむくみやすい傾向にあるほか、むくみがセルライトになってしまうこともあるため、決して無視できない存在です。

 

 むくみは体の老廃物が下半身に停滞していることで引き起こされるものですが、便秘が原因になっていることも多いことをご存じでしょうか。腸内に便がたまって便秘になると、腸内環境は悪く、腸内では悪玉菌によって有害物質や老廃物が排出されずにたまり続けます。溜まった有害物質や老廃物はやがて血液に溶け込み、全身を駆け巡ります。その結果の一つとして、血液やリンパの流れが悪くなり、抹消部分で血液の停滞がおこり、それがむくみとして現れるのです。

 

乳酸菌はむくみ改善につながる

 

 以上の様に、便秘が原因でむくむあることが分かりました。もちろん、むくみの原因のすべてが便秘というわけではありませんが、便秘が原因になっていることは良くあります。女性は便秘になりがちですから、そのことからも思い当る人がいるかもしれませんね。
ということは、単純に考えて便秘を改善すればむくみも改善されるかもしれないということです。便秘を改善するためには、食物繊維を摂ったり、水分を多めにとったりと色々な方法がありますが、その中でも特に効果が高いのが乳酸菌を摂取することです。
腸内には善玉菌と悪玉菌が住んでおり、悪玉菌が増えれば腸内環境が悪くなって便秘になります。そのため、乳酸菌を摂取して腸内の善玉菌を増やし、悪玉菌の数を減らすようにすれば、腸内環境は整って働きは活発になり、便秘は改善されます。
それだけではなく、腸内環境をよくしておくことは肌をきれいにする、体臭や口臭を抑える、ニキビを防ぐなど色々な美容効果があります。むくみを解消すると同時に、多くの効果を得ることが出来るのです。