乳酸菌で虫歯を予防しよう!

虫歯の原因を乳酸菌で解決

 お口のトラブルには、虫歯、歯周病、口臭など色々なものがあります。歯のくぼみや歯茎で、ジンジバリス菌やミュータント菌といったいわゆる虫歯菌が繁殖することによってこれらのトラブルが引き起こされます。これらの虫歯菌は毒素を作り出し、歯茎や歯のエナメル質を溶かして虫歯や歯周病を進行させるだけではなく、この毒素はひどい臭気を持っています。
口臭が酷い人の中には、きちんと歯磨きをしているのに口が臭くて困っているという人がいますが、そのような人の多くはこの毒素によって口臭が酷くなっています。
いくら歯磨きをしても虫歯菌をすべて除くことは不可能であり、常に口臭がきつくなるのです。

 

 そこで、最近注目されているのが乳酸菌歯磨きです。これは、歯磨きに乳酸菌を加えることによって、虫歯や歯周病、口臭の予防をすることが出来るというものです。乳酸菌は乳酸を作り出しますが、乳酸は虫歯菌との相性が良く、虫歯菌をやっつけてくれます。口臭が気になる人や虫歯を予防したい人は、取り入れると良いでしょう。

 

乳酸菌歯磨きの方法

 では、乳酸菌歯磨きの方法を学んでいきましょう。

 

  • 無糖のヨーグルト、乳酸菌のサプリメント、歯ブラシを用意する。
  • まず一回、普通に歯磨きをする。
  • 歯磨き粉の代わりにヨーグルトを歯ブラシにつけ、乳酸菌サプリメントのカプセルを分解して得られた粉末をヨーグルトに少々まぶし、しばらく歯を磨きます。
  • スプーン一杯のヨーグルトを口に含み、口をすすぎます。

 

 気を付けたいのは、この工程がすべて終わった後に水で口をすすがないことです。もしも水ですすぐと、せっかく口の中に乳酸菌がいきわたったのに、洗い流してしまうことになります。

 

 そのまま放置しておくと、口の中で乳酸菌は乳酸を作り出して虫歯菌を撃退していきます。毎日のように乳酸菌歯磨きを実践すれば、お口のトラブルとは無縁になるでしょう。