乳酸菌には抜群の整腸作用がある

乳酸菌の整腸作用

 

 乳酸菌には整腸作用があり腸に良いということは、もはや誰もが認める事実となりました。しかし、どのような理由によって腸に良い影響を与えているかをご存知でしょうか。ここでは、その理由について解説していきます。

 

 まず、乳酸菌は便秘や下痢を改善してくれます。大腸の働きが悪いときには便が水分を吸収できずに硬くなり、排出されにくくなります。これが便秘の状態です。逆に、水分を吸収しすぎることもあり、下痢になることもあります。乳酸菌を摂取すると、乳酸菌の作り出す乳酸の影響を受けて腸の働きが活発になり、便秘や下痢が改善されます。

 

 次に、乳酸菌には悪玉菌の増殖を抑える働きがあります。腸内には善玉菌、悪玉菌、日和見菌の3種類が住んでいますが、バランスが取れずに悪玉菌が増えてしまうと、悪玉菌の作り出す有害物質の影響によって便秘になったり、免疫力が下がったりします。そこで、乳酸菌を摂って善玉菌の数を増やすと、バランスを取り戻して腸内環境をよくすることが出来ます。

 

こうすればより効果的♪

 乳酸菌を摂取する場合には、闇雲に乳酸菌を摂取するのではなく、効果をアップさせるように摂取をするのがよいでしょう。

 

 そのためには、食物繊維やオリゴ糖を一緒に摂取するのが効果的です。食物繊維やオリゴ糖は乳酸菌のエサになるため、乳酸菌の働きを活発にするのに有効です。バナナ、大豆、ごぼう、海藻などと一緒に摂取するのがおすすめです。

 

 整腸作用がより高い乳酸菌を選択的に摂取するのも良いでしょう。乳酸菌は色々な食品に含まれており、ヨーグルトや乳酸菌飲料だけではなく、味噌、キムチ、漬物などの発酵食品にもたくさん含まれています。しかし、最近では高い整腸作用を持った特定の種類の乳酸菌が多く含まれていることを売りにしているヨーグルトがたくさん登場しています。それを取り入れるのも良いでしょう。

 

 もちろん、乳酸菌はいくら摂取してもいずれは便と一緒に排出されるものですから、毎日こつこつと継続することが最も大切であることは言うまでもありません。