乳酸菌でうつ病が治る!?

腸と心の深い関係

 

 近年、うつ病の患者が激増しており、しばしば社会問題としても挙げられます。必要以上に不安を感じさせ、やる気が起こらず、ひどくなると自殺願望を抱かせるうつ病ですが、うつ病は腸内環境と深い関係があります。

 

 腸と心は一見無関係のものに見えるかもしれません。しかし、実は非常に深い関係にあります。考えてみれば思い当るかもしれませんが、試験当日に緊張してお腹が痛くなってしまった、毎朝快便だとすっきりした気分で生活できる、旅行先でストレスを感じると便秘になってしまったなど、心の状態がダイレクトに腸内環境に現れることが良くあります。これは、過度なストレスを感じた結果自律神経がうまく働かなくなり、その結果 腸が正常に働かなくなったためです。心の状態が自律神経を介して、腸に影響を与えているのです。

 

 下痢、便秘、腹痛などであれば重大な症状とは言えませんが、心が不健康な状態が続けば腸が不調に陥り、その結果うつ病にもなりかねません。幸福を感じさせるホルモンであるセロトニンが不足するとうつ病が引き起こされますが、セロトニンの90%は腸内に存在します。腸内環境が異常な状態であればセロトニンが脳までうまく運搬されず、脳はセロトニン不足に陥り、うつ病になってしまうのです。

 

乳酸菌でセロトニンを充実させよう

 

 腸と心の深い関係は研究にも表れています。スウェーデンの研究によると、腸内環境が異常なマウスはセロトニン不足によって攻撃性が顕著であるのに対し、腸内環境が正常なマウスはセロトニンが足りているため、攻撃性が低いことが分かりました。また人間においても、うつ病患者の腸内は善玉菌が少なく、悪玉菌が多くなっていることが分かっています。つまり、心の状態をよくするためには、乳酸菌などの善玉菌が重要な働きをするといえます。

 

 このことから、乳酸菌を摂取して腸内環境を整えることの重要性が分かります。乳酸菌を取り入れて腸内環境を整えると、セロトニンを正常に生成して脳に送り届けることができ、その結果ストレスが緩和され、うつ病を改善させることが出来るのです。