ストレスを改善する乳酸菌がある!

明らかになった新たな乳酸菌の効果

 

 近年、乳酸菌の様々な効果が発見されています。最近話題になったものといえば、インフルエンザ予防効果です。かなりの効果が期待できることから、子どもに飲ませた親御さんもいることでしょう。

 

 そのような中で、カルピス社と徳島大学の共同研究によって、新たに発見された効果があります。それは、ストレス緩和効果です。乳酸菌の1種であるプレミアガゼリ菌CP2305には、腸内環境を改善するだけではなく、ストレスを緩和する効果も発見されたのです。

 

脳と腸の関係

 

 脳と腸は非常に密接な関係にあり、このことを「脳腸相関」とも言います。体内のあらゆる器官に指令を出しているのは脳であり、脳が一方的に影響を与えているという認識もある意味では誤りではないのですが、腸は他の器官に比べて別格であり、脳と情報交換をしながら様々な反応を起こしています。例えば、脳が強いストレスを感じると腸の働きが悪くなって下痢をしたり、逆に腸が快調で便通が良ければすっきりした気分になったりしますが、これらは全て脳腸相関によるものです。一説によると、生物はもともと腸から進化が始まり、腸が神経細胞を発達させた結果として脳が生み出されたといわれているほどです。

 

プレミアガゼリ菌CP2305の働き

 

 プレミアガゼリ菌CP2305は、この脳腸相関を利用することによって、脳のストレスを解消してくれます。具体的な効果として認められているものに、睡眠改善効果があります。ストレスを緩和してリラックスさせることで、睡眠の質を高めてくれるのです。

 

 もっとも、プレミアガゼリ菌CP2305だけではなく、その他の多くの乳酸菌にも効果があります。腸内でセロトニン放出を促進して自律神経に働きかけるためです。特に強いストレスを感じている人や、それによって睡眠不足に陥っている人は、改善を期待してプレミアガゼリ菌CP2305を摂取してみるとよいと思いますが、それ以外の乳酸菌からも一定の効果を期待することが出来ます。