ひどい体臭が乳酸菌で改善する

体臭の原因は腸にある

 

 体臭がひどいことに悩んでいる人は、おならや便の状態を確認してみましょう。おならや便が、あたかも腐った卵の様な異常に臭いにおいを発しているならば、体臭の原因は腸内にあると考えてよいでしょう。腸内環境が悪い状態になっていると、腸内の悪玉菌が腸内のものを腐敗させ、またにおい成分であるスカトール、アンモニア、メチルカプタン、インドールなどを生産する働きも持っています。それだけではなく、腸内環境が悪いと便秘がちになり、腐敗したものや強いにおいを発する便を排出することさえままなりません。そのため、におい成分は腸管から吸収されて血液に溶け込み、全身をめぐってやがて皮膚から排出されます。
これらのにおい成分は人体に有害な成分であり、なんとかして排出しようとする機能が働いた結果、皮膚から排出されるのです。これが体臭となります。

 

乳酸菌で体臭を改善しよう

 

 以上の様な、体臭がくさくなるメカニズムを理解することが出来れば、改善の方法も見えてくるでしょう。改善のためには腸内ににおい成分がとどまらないようにすればよく、そのためには便通を良くしてにおい成分が便と共にスムーズに排出されるようにしておけばよいのです。

 

 つまり腸内環境を良い状態に保っておくということですが、そのためには乳酸菌の摂取が有効です。腸内には善玉菌や悪玉菌やその他の細菌が100兆個ほども住み着いているのですが、腸内環境の良し悪しは善玉菌と悪玉菌のバランスによるものです。悪玉菌が増えれば腸内環境は悪くなりますし、におい成分を生産しているのも悪玉菌です。したがって、食品やサプリメントから乳酸菌を摂取して善玉菌の割合を増やすと、善玉菌が悪玉菌の増殖を抑えてにおい成分が生産されにくくなります。もちろん、便通は良くなりにおい成分は便と一緒に排出されるため、体臭となって現れることがなくなります。

 

 体臭が気になっている人は、ぜひ乳酸菌を試してみると良いでしょう。