乳酸菌を摂って腸内フローラを良いものへ

腸内フローラとは?

 人間の腸内には、非常に多くの細菌が生息しています。腸内に生息している細菌のことを腸内細菌と言います。その種類は100種類以上であり、100兆個もの細菌が生息しているのです。
 ここで、腸内フローラというものに触れてみましょう。腸の中でも、小腸の終わりに当たる回腸から大腸にかけては、これらの多種多様な細菌が種類ごとにまとまってコロニーという集団を作ります。善玉菌のコロニーもあれば、悪玉菌のコロニーもあり、そのほかにも腸内環境によって善玉にも悪玉にもなる日和見菌のコロニーもあります。この様子は、あたかも花壇に植物が種類ごとに植え分けられて花畑を形成している様子にも見えることから、腸内フローラと呼ばれているのです。
 腸内フローラの様子は人によって様々です。善玉菌が多い腸内フローラを持っている人もいれば、悪玉菌ばかりの腸内フローラを持っている人もいます。食生活、生活習慣、ストレス、年齢などの様々な要因によって、多様な腸内フローラが形成されます。

 

乳酸菌を摂って腸内フローラをよくしよう

 悪玉菌が多い腸内フローラが形成されている時、様々な悪いことが起きます。腸内腐敗が進んでアンモニア、フェノール、インドールといった有毒な物質が生産されます。お通じが悪い人のおならが臭いのは、悪玉菌が多いために色々な有害物質が作り出され、それがおならとして排出されるからです。おならだけならばいいのですが、これらの有害物質は腸管から吸収されて全身をめぐり、様々な悪影響を及ぼします。老化を促進させたり、肌荒れを引き起こしたり、ガンの遠因になることもあるのです。
 これを改善するためには、善玉菌を増やす必要があります。乳酸菌のサプリメントを摂取するなどして腸内に善玉菌のコロニーを少しずつ増やしていけば、次第に悪玉菌は淘汰されていき、最後には善玉菌が優勢の腸内フローラに変化します。便秘は解消されるだけではなく、様々な健康効果が期待できます。